ホーム

運営会社情報

ヒカルランドパーク合同会社
〒162-0821
東京都新宿区津久戸町 3-11
飯田橋TH1ビル7F
TEL:03-6265-0852




14〜サナトクマラと白金龍神(プラチナドラゴン)が伝える☆落し物に気をつけて|ヒカルランドClub (ヒカルランドクラブ)


14〜サナトクマラと白金龍神(プラチナドラゴン)が伝える☆落し物に気をつけて

14〜サナトクマラと白金龍神(プラチナドラゴン)が伝える☆落し物に気をつけて

サナトクマラ様が、今回は、自分の番とばかりに、
エネルギーを届けてくれるのを感じます。

そのエネルギーに意識を向けてみると、
とても気高く、背筋がピンと伸びるような、
同時に、軽やかで清々しい、
そんなエネルギーが伝わってきます。

このエネルギーを感じるだけで、とっても心地がいい。

サナトクマラ様には、いくつかの顔があります。
いくつかのバージョンといってもいいかもしれません。
それはこれまでの連載でも、少しお話させていただいたとおりです。

今日は、永遠の16歳と云われる、
金星の皇子のエネルギーで現れました。

さぁ、今日も、よろしければ、
   物語の世界に入り込むように、
      想像しながら、お読みください。

photo by Vince Alongi

☆。..o○**☆。..o○**☆。..o○**☆。..o○**☆。..o○**☆

「わたしのエネルギーを感じてくれてありがとう。」

話し方にも、金星の皇子らしさが表れている。軽やかだ。

「今日、わたしがこの姿で表れたのには意味がある。
 すべて偶然はない。

 わたしが今日、この姿をしているのは、
 皆さんに知ってほしいことがあるため。
 それを伝えるのに、このエネルギーが最適なのです。

 今、地球では、さまざまなことが起こっている。
 あなたたちの揺れる心も、わたしの元に届く。

   そんなとき、わたしが伝えたいことはひとつ。

   あなたの落とし物を拾わずには、あなたの歩みは先へ進まない。」

「落とし物ってなんですか?」

「あなた方が発するもの。

 あなた方からどんなエネルギーが発せられているか。
 意識を向けて、感じてみてほしい。

   あなた方が進む道に、何を落としているのか。

   軽やかなエネルギーは落ちない。」

「自分が無意識のうちに出しているエネルギーに責任をもつ。
 そして、落とし物となるような気を発していないか省みることが大切。
 ということですね。
 多くの方は、ご存知なのでは?」

「そうでもない。
 それに、わかっていた場合も、その理解度は人によって違う。
 理解の角度も人によって違う。
 みな、それぞれ少しずつ、違う解釈をしている場合もある。
 だから、何度もさまざまな伝え方で伝えられている。

 それだけ、これは大切なこと。」

「そうなのですね。」

「地球上で起こるさまざまなことに、気が影響されないように。
 意識を向けてみてほしい。

 あなた方が落とした気は、あなた方を包んでいた気。
 あなた方は、あなた方自身を、どんな気で包みたい?

 あなたが発する気に、注意を向けてみて。
 あなたが発した気は、まず、あなたを包む。

 もし、重さのある気だったら、そこに落ち、引きずられ
 あなたの歩みの抵抗となる。」

  「実は、最初から感じていたのですが、
 白金龍神(プラチナドラゴン)が、すぐそばにいてくれていましたが
 それも、今回のメッセージと関係があってのことだったのですね!」

「そのとおり。 白金龍神(プラチナドラゴン)の浄化のエネルギーが、
 今、とても大切。
 だから、ともに伝えている。」

さぁ、白金龍神(プラチナドラゴン)のエネルギーを感じてみませんか。

photo by brunkfordbraun

その大きな体から発せられる清らかなエネルギーが近づくだけで、
わたしたちの意識も浄化されるようです。

まるで、魔法のように、サーッと浄化されていきます。

白金龍神(プラチナドラゴン)が今日も伝えています。

「あなた方が、もし、イライラや不安、おそれや怒り、悲しみを感じていたら、
 それを、わたしのこの真っ白な体に預けてみませんか。
 あなたの重さを、金星の皇子の軽やかさとともに、浄化しよう。

 しばし、我らのエネルギーに身を委ね、あなたの周囲の気を浄化してみませんか。
 よろしければ。

 このエネルギーが、とても心地よく感じる方は、
 夜眠る前にももう一度、わたしのエネルギーを感じてみませんか。
 眠っている間に、あなたのエネルギーを浄化しよう。」

サナトクマラ様も伝えています。

「颯爽と歩むには、あなたの気も軽やかであれ。
 あなたの気が軽やかであれば、あなたの歩みもとても軽やか。
 障害もない、あるいは軽やかに乗り越えられる。」

サナトクマラ様が、今回伝えてくれた話を聴きながら、
思い出したメッセージがあります。

それは著書
「超直感力の目覚め 流 光次元リーディング(ヒカルランド刊)」
にも書かせて頂いた「光の世界の創り方」です。

自分が発するエネルギーの大切さを、今回とは逆の意味で伝えています。

「想像してごらん
 きみから贈り出される光は、
 まずだれを照らす?

 まずきみを照らすんだよ

 きみがだれかに心から光を贈るとき光はまずきみを照らすんだ

 光を贈れば贈るほど、きみの光は大きくなり

 やがて、きみたちの星は光に満ちあふれた世界になるだろう」

(「超直感力の目覚め 流 光次元リーディング(ヒカルランド刊)」
 「光の世界の創り方」より引用)

わたしたち一人一人から発するエネルギーが、
世界のエネルギーとなる。

だから、悲しみや不安を感じるニュースが多いときこそ、
わたしたちは、今一度、
自分が発しているエネルギーを省みることが大切なのでしょうね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ご縁に感謝いたします。

さぁ、次回も光次元宇宙の扉を開きましょう!
愛と光と感謝をこめて〜☆〜

光次元宇宙メッセージ:

あなた方が落とした気は、あなた方を包んでいた気。
あなた方は、あなた方自身を、どんな気で包みたい?
あなたが発する気に、注意を向けてみて。
あなたが発した気は、まず、あなたを包む。

by サナトクマラ(金星の皇子)

きみがだれかに心から光を贈るとき、光はまずきみを照らすんだ 光を贈れば贈るほど、きみの光は大きくなり やがて、きみたちの星は光に満ちあふれた世界になるだろう

by 龍依〜Roy〜

あなた方が、もし、イライラや不安、おそれや怒り、悲しみを感じていたら、
それを、わたしのこの真っ白な体に預けてみませんか。
あなたの重さを、金星の皇子の軽やかさとともに、浄化しよう。

by 白金龍神(プラチナドラゴン)

キーワード: サナトクマラ, エネルギー, 金星の皇子, 軽やか, すべて偶然はない, 気,
白金龍神(プラチナドラゴン), 浄化, 魔法, 光の世界,

龍依~Roy

日本女子大学卒業後、子ども向け番組制作会社に勤務。
その後、オーストラリアに語学留学。
留学中に9.11テロがおき、「神との対話」(サンマーク出版刊)と出合う。
帰国後、心理カウンセリングを学ぶ。
2006年3月、ウェブコンテンツ・デザインなどの制作会社(有限会社STUDIO FUMI)を設立。
同年12月、アミプロジェクトを主宰。(「アミ 小さな宇宙人」(徳間書店刊)のアニメ映画化を目指し、アミのメッセージを広めて、愛の星地球を創造していくプロジェクト)
各種イベントへの出演・出展などの活動をしていく中で、スピリチュアル体験(龍神や光の存在たちとの出会い、前世体験など)を重ね、龍神の導きにより「流 光次元リーディング」(ヒカルランド刊)を出版する。

現在、感応力を育み、心・体・魂を整える『ヒプノスタジオ☆クリスタルハート』を運営。連載でもお馴染み、サナトクマラや猿田彦神などの光次元世界とのリーディングセッションや、ヒプノセラピー(催眠療法)による「前世療法」「なりたい自分になるGIFT」のセッション、ヨガのレッスン、などを行っている。
一人一人が持つ無限の可能性、想像力や目に見えない世界、ハートに宿る光を感じて贈り合うことの大切さを多くの方が気づき輝くことを願い、各活動をしている。

資格など: ・上智大学カウンセリング研究所カウンセリング研修講座基礎コース修了
・米国催眠療法士協会認定ヒプノセラピスト
・米国ヨガアライアンスRYT200認定ヨガインストラクター
 (RYT500 Candidate)
 トラウマアプローチヨガ 指導者トレーニング修了
 メディテーション・インテンシブコース修了
 リストラティブヨガ 指導者トレーニング修了
・かながわコミュニティカレッジ
 子どもスポーツコーディネーター養成講座修了
・一般社団法人日本トップリーグ連携機構認定ボールで
 あそぼうマイスター
・全日本キッズヨガ連盟わくわくヨガ
 キッズヨガ指導者トレーニング修了

有限会社STUDIO FUMI 代表取締役
アミプロジェクト 代表

著書:超直感力の目覚め 流 光次元リーディング(ヒカルランド刊)

ヒプノスタジオ☆クリスタルハート ウェブサイト

http://www.hypnostudio.net/

ブログ Roy~宇宙在住 http://ameblo.jp/roy-10yo/

STUDIO FUMI ウェブサイト http://www.studiofumi.jp/
アミプロジェクト ウェブサイト http://www.amiproject.net/

コメントを残す

  • サイトマップ
  • メール
ページ上部へ