ホーム

運営会社情報

ヒカルランドパーク合同会社
〒162-0821
東京都新宿区津久戸町 3-11
飯田橋TH1ビル7F
TEL:03-6265-0852




27 スピリチュアル・セッションごっこに夢中な人|ヒカルランドClub (ヒカルランドクラブ)


27 スピリチュアル・セッションごっこに夢中な人

ここ数年はスピリチュアルブームも追い風になり、
真理を知る窓口が増えたことは喜ばしいことです。

そうは言っても、真理への入り口と落とし穴では、
落とし穴の方が多いように感じます。
真理を語るのに、全てを悟る必要があるかと言えば、それは違うでしょう。
しかし中途半端な状態では、危ういこともある事を知らねばなりません。

怖いのは、悪気はないのだけど真理からみたら違うことを、
正しいと信じてやってしまうことです。

「盲人が盲人の手をひくと穴に落ちる」ということわざがあります。
親切心で手をひいても、穴が見えなければ、穴に落ちてしまうこともあるのです。

「生兵法は怪我のもと」との表現もあります。

●どこかの民間資格を持っているから・・
●国家試験に合格しているから・・・

これだけでは、真理に繋がるとはいえません。

正しいのか間違っているのかの区別は難しいものがあります。
知識だけでなく、癒してくれる方の「心の状態」も確認しないと判断はできません。
しかし、その人が「魂からの衝動」に駆られている場合はいいのではなかろうかと感じております。

直感が落とし穴を避ける事ができるからです。
これは、守護・指導してくださる存在に感謝すべきことです。
まだ、時期尚早なことも直感的に判断されるでしょう。

そのような情熱も感じることなく、
ただスピリチュアルなことが流行ってきているからというなら、危険です。

そして、誰かを相手に試してみたくなるのですね。
家でお母さんがやっていることを真似る「ままごと遊び」となんら変わりません。
「ままごと遊び」で、泥団子を本当に食べたら、お腹を壊します。

セッションの真似をして泥団子を食べてしまっている方は現実におられるのではないでしょうか?

癒しの力は本来、誰もがもっています。
痛い時、自然と手を当てる行為が手当の語源と言われています。
しかし、コントロールできるかどうかは別物です。
経験を積む中で、エネルギーの流れが形成されることもありますから、
一概には言えませんが、やはり御役目のようなものがないと、
火傷をするのではないかと危惧しております。

現代は、大きな時代の変わり目なのは確かです。
そして、癒しの御役目をもって生まれてきている方は多いと言えます。

だからといって、どこかの「セミナーを全6回受講し卒業した」からといって、
見えないエネルギーを扱うのは、危険を伴います。

バブル崩壊以降、日本の経済は右肩下がりで推移しています。
大きな企業でさえ、正社員を雇わず人材派遣業からの委託やアルバイトに頼る時代です。
正規雇用が難しくなった現代の日本で、組織に属することもできず、
なんとか食いつなぐ手段として、スピリチュアル系のお仕事を
されている方も多いのではないかとの危惧もあります。

その方の職歴の中で7年以上打ち込んだものがあり、
実績があるなら、話は別となります。
さらにお客様としっかりと向き合いお仕事をされていたなら、
より間違いは少なくなると思います。

そのような方々が、時代の変化に気付き、
ご自身の御役目に気付き精進を重ねておられるのなら、信頼度も上がるというものです。
絶対ではありませんが、判断基準の一つとして覚えておいて良いかと思います。

お医者さんにかかるのに、いろいろ調べてお医者さんにかかる事例を目にします。
体の手術は、目に見えますから怖さがわかるからでしょう。

目に見えないと言って、安易に体のエネルギーに影響を与える
セッションを受けることに抵抗がないのは、不思議だなと思います。

人の心には、仏性・神性がありますから、

●人の役に立ちたい気持ち
●困っている人がいたらなんとかしたい

これは、たしかに間違っていません。

しかし、見えないエネルギーを扱い影響を与えるからこそ、ままごとでは済まないのです。
ままごとで本当の包丁は使えません。
包丁を使えるようになるまで、「肉体の成長と精神的な熟成」がなければ、
美味しい料理をつくる道具としての包丁を生かし切れないのです。
目に見えないエネルギーを扱うのも同様です。

なにかしらを扱うといことは、知識も必要です。
経験も必要です。何が薬になり何が毒になるのかがわからなければ、間違った処方をすることになります。

善意でワークをしあう光景は、一見暖かい光景に見えるのです。
しかし、そこに落とし穴が潜んでいることは理解しておいた方が良いかと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

ここは、体育大学附属幼稚園

幼稚園児A
「見てみて!逆上がりができるようになった!!」

幼稚園児B
「わ〜〜〜、すごいな〜僕にも教えてよ〜!!」

幼稚園児A
「うん、いいよ!勢い良く地面を蹴りあげんるんだ!」
「手が緊張すると上手く回らないから、手の力は抜くのがポイントだよ!」

幼稚園児B
「わかった!」

その通りに、手の力を抜いて、思い切り地面を蹴りあげた幼稚園児Bくんは、
勢いがあまり、鉄棒の手が離れ、回転しながら地面に落ちました。

幼稚園児B
「あ!痛い!!」腰から落ちたからよかったけど、頭から落ちていたら、
 大変なことになっていたかも・・」

先生
「こら〜〜〜」子どもたちだけで練習しちゃいけないって教えたでしょ?
 頭から落ちていたら、今頃は救急車の中ですよ。
 今後は、先生の目の前でやるようにしてくださいよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎いらスピにもう騙されなくなる言葉 27
「見えないエネルギーを委ねるなら、
 医者を選ぶ時よりも慎重に相手を選ぶ必要があるのです」

八剣真(やつるぎ まこと)

子供の頃から霊的現象が起こり、それは普通のことだと思っていたが、
普通ではないと中学生のときに気づく。
また、【生まれてきた意味】【生きる】ということ、
これらの疑問を幼稚園の頃から追求。
大学では、インド哲学を専攻し、
哲学・宗教・ニューエイジ系の事象を研究し続けてきた。
その傍ら、実際の社会では、自動車販売会社にてトップセールスとなり、
その後、当時、全国で一番若い営業所長となり、
受け持った営業所は、常に全国のトップ3に。
そんな中、スピリチュアルに傾倒し、何が正しいのか、
何が間違っているのかわからない中で、高いお金を払う、
永遠に自分探しをしている多くの人の存在を知ることになった。
自分の能力や経験や知識が、その人たちの役に立つということを、
頼ってくる人々に伝える中で気づく。
約2年で延べ1500名以上の個人セッションや講話会を実践した。
その中で、講話会に参加した人全員に金粉が出るなどの事象が起こる。
また、セッションを受けた人は、仕事量が急激に増える、
人間関係が改善する、結婚が決まるなどの
自己実現が加速する現象が続発することに。
世の中に正しい考え方・生き方を実践できる方が多くなることを願い
株式会社ホリスティックハーモニーを設立。
日々、これからの時代を生きる新しい指針を探求しお伝えしている。

八剣 真ブログはこちら:http://ameblo.jp/makotonoabenoseimei/

コメントを残す

  • サイトマップ
  • メール
ページ上部へ