ホーム

運営会社情報

ヒカルランドパーク合同会社
〒162-0821
東京都新宿区津久戸町 3-11
飯田橋TH1ビル7F
TEL:03-6265-0852




24 悟ったという人 悟った者の言葉は少ないのです|ヒカルランドClub (ヒカルランドクラブ)


24 悟ったという人 悟った者の言葉は少ないのです

「悟りをひらきました。私の話を聞いてください」と
セミナーや講演会などを開催する人には注意しなければなりません。

過去の真の預言者と言われる方々、例えば、キリストさま。
「私は、悟りました。」と公言し布教活動を始めたわけではありません。

天のお父様の言葉として正しい行いを人々にお伝えしたところが真相です。
そして、その話の中味に魂が揺さぶられた方々が弟子となり、
キリストを通して天のお父様と大天使さまや聖霊さま方々のお言葉を聞き、
ありがたく大切な奇跡のお話を後世に残すべく記したものが新約聖書です。

悟ったものは、その悟りの体験を語る場合もありますが、
それを語っても肉体の五感のみで世界を判断しているものには
理解できない体験もあるのです。

わざわざ、そのような難しいことを伝えるのでなく、
人々の日々の生活の中で、神の御心がどこに向いているのか?
簡単に理解できることを主に説いています。

「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ」

と言われたら、どのように行動しなければ良いのかは理解できます。
そして、それを実践するかしないかは、あなたの選択となるのです。

悟りを開いてから長い時間この世に留まることが計画されていた仏陀釈迦牟尼仏は、
弟子の数も多く、弟子の理解に合わせて真理を説くことが可能でした。

ここでは、日常の簡単な指標だけでなく、様々な真理を説かれました。
その時代の者には理解できないことも説かれました。
これは、時代が進化していくことが予めわかっていたので、
それに合わせての教えも残されたのでしょう。
そして、学問としての側面を持つまでに至るのです。

しかし、自ら「私は悟ったから、
有料で私の話を聞きなさい」とは語っていないでしょう。

聞いたお話がありがたかったからこそ、
お布施が自然に始まっていったものだと考えられます。

悟りにも段階があります。大悟もあれば気付きレベルのものもあります。

自ら大悟を得るというよりは、
預言者の指導霊の直接の導きにより悟るものも多いのです。
それだけ悟ることは大変なことなのです。

いとも簡単に「私は悟った」という方は、
確かに気付きを得られたのかもしれません。
しかし、真理を全て悟ったかどうかは全く違う話です。

主に、言動でもって、悟りを行動で実践し、
他の者の魂を揺さぶり、
悟った人だと認知されていくものが本来のありかたでしょう。

自らが「私は悟った」と言う方は真の悟りに
いたっていないものが口にするものでしょう。
酔っ払っている人が、「自分は酔っていない」というのと似ています。

気付きは得ているかもしれませんが、
大きな悟りには至っていないでしょう。
真の預言者、救世主は、そんなに簡単に現れるものではありません。

ただ、現代のように地球の裏側まで一日でいける時代に、
ただ一人の預言者が次代の真理を説くより、
複数の援助者が存在することは意義があるとは思います。

少なくとも、自ら「私は悟った」と言って、
金品を要求するものには気をつけた方が良いでしょう。

しかし、現在のせっかく育った経済の仕組みをご破算にするよりかは、
正しい行いをしたものが正当な対価を受け取る形に仕組みとして
活用して欲しいという気持ちはあります。

真理をお伝えすることは、本来は最も価値ある仕事です。
そして、多くの人を幸せにする仕事です。
そこには感謝の気持ちが湧くものです。
その感謝の気持ちが対価として機能するようになれば、
経済も正しい姿に近づくのではないかと思います。 

ただ、この時代の移行期においては、
玉石混淆の中、石の方が多い状況でしょう。
自己主張が強すぎ、
あからさまに金品の要求があるものには気をつけたほうが無難でしょう。

愛のある暖かいものからくる言動なのか、
その人の我欲からきているものなのか、
日常の言動をよくよく観察すれば、自ずと見えて来るものだとおもいます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

ここは、諸天善神が地上の様子を霊界テレビで見ることができる休憩室。

菩薩A
「最近は、なんだか悟ったという人が地上に多いらしいね」

菩薩B
「でも、霊界テレビで様子を見ていると、なんだか悟っている人の
 行動にはみえないよね・・・」

如来
「菩薩殿、あなた方は、真理に気がついた時、何を感じましたか?」

菩薩A
「愛の深淵さです」

菩薩B
「真理は追求しても追求しても、次の課題がすぐにやってくると思いました。」

菩薩A
「そうなんです。手が届きそうで・・・すっと距離が遠くなるような・・・」

如来
「ふふふ、そういうものでもあったのう・・・・
 霊界テレビに映っておるものは、まだまだ道が遠いようじゃのう・・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎いらスピにもう騙されなくなる言葉 24
「真理を本当に悟った者は、そのことをあまり公言するものではありません」

八剣真(やつるぎ まこと)

子供の頃から霊的現象が起こり、それは普通のことだと思っていたが、
普通ではないと中学生のときに気づく。
また、【生まれてきた意味】【生きる】ということ、
これらの疑問を幼稚園の頃から追求。
大学では、インド哲学を専攻し、
哲学・宗教・ニューエイジ系の事象を研究し続けてきた。
その傍ら、実際の社会では、自動車販売会社にてトップセールスとなり、
その後、当時、全国で一番若い営業所長となり、
受け持った営業所は、常に全国のトップ3に。
そんな中、スピリチュアルに傾倒し、何が正しいのか、
何が間違っているのかわからない中で、高いお金を払う、
永遠に自分探しをしている多くの人の存在を知ることになった。
自分の能力や経験や知識が、その人たちの役に立つということを、
頼ってくる人々に伝える中で気づく。
約2年で延べ1500名以上の個人セッションや講話会を実践した。
その中で、講話会に参加した人全員に金粉が出るなどの事象が起こる。
また、セッションを受けた人は、仕事量が急激に増える、
人間関係が改善する、結婚が決まるなどの
自己実現が加速する現象が続発することに。
世の中に正しい考え方・生き方を実践できる方が多くなることを願い
株式会社ホリスティックハーモニーを設立。
日々、これからの時代を生きる新しい指針を探求しお伝えしている。

八剣 真ブログはこちら:http://ameblo.jp/makotonoabenoseimei/

コメントを残す

  • サイトマップ
  • メール
ページ上部へ