ホーム

運営会社情報

ヒカルランドパーク合同会社
〒162-0821
東京都新宿区津久戸町 3-11
飯田橋TH1ビル7F
TEL:03-6265-0852




20 自ら女神と名乗る人|ヒカルランドClub (ヒカルランドクラブ)


20 自ら女神と名乗る人

スピリチュアルブームが生み出したもの。
それは、ヒーラーや占い師、チャネラーを生業とする方の膨大な数です。
この人数が増えてくると、競争が始まります。
癒しの世界でも、ビジネス的な手法を持つものが、お客様を集める結果となっています。

ビジネス手法を使うことは、何も悪い事ではありません。
どんな仕事であっても、真摯にお客様と向き合い、
ご相談者の問題を解決していくなら、これは、大変価値のあるお仕事だと思います。

ビジネス的に、商いを紐解いていくと、
「強みを出しましょう」との文言にぶつかります。
「その強みを活かして、競合他社に負けないように
作戦を練っていきましょう。」というのが、セオリーです。

この強みを引き出す為に、自らを女神と呼ぶ方もおられます。
また、深い意味を考えずに、「女神のタロット」「ヴィーナスの占星術」
「アフロディーテの開運講座」のようなネーミングをされている方もおられます。

ネーミングに関しては、「天使のブラ」のような商品も
実際にあったくらいですから、問題視しなくてもいいのではと思います。

問題なのは、「私は女神の生まれ変わりです」という方々です。
神話に関しては、様々な見解での理解が必要です。

後世の権力者が、都合のいいように書き換えた部分もあるでしょう。
また、神様の威厳を保つために削除や改変された箇所もあるでしょう。
多くの皆様が知らない神話の事実というものもあるのです。

神話は、この世の人間だけが織り成すものでは、ありません。
この世で役目を果たす者、それをあの世からサポートする者の両面が描かれているのです。
ここの区別がつかないと、あちらの出来事なのか、
この世の出来事なのかの区別を誤り、神話を間違えて解釈するということになるのです。
聖書は、まだ神話になっておりません。
これは、イエス・キリストがこの世の救世主であり、
天のお父様はあの世の神さまと認識できるからです。
今から2000年後は、聖書も神話の1節として、伝わる可能性も高いのです。

神話が難解であるのは、こんな理由も実はあるのです。

また、神々の生まれ変わりであっても、人として生きる時があります。
その時の言動が神話に多く残っていると、その神話は、人間臭い物語となります。

人間くさい神話とは、ギリシャ神話や日本の神話などに見ることができます。

それらを踏まえ、自分を「女神の生まれ変わり」だと言う方を分類します。

「本当の女神の生まれ変わりのケース」

このケースは、もっとも少ないかと思われます。
本当の女神様とは、御役目をもち、この世に生まれ、
神様の心のあり方に気付き愛を実践された女性です。
これから、新しく神話を編纂するのであれば、
ヘレン・ケラーやナイチンゲールなどが女神様のお名前として、書き記されるでしょう。

大きな時代の変わり目の現代に、かつての神様たちが転生しているのは事実です。
しかし、ヒーラーやセラピストの中に、これほど多くの女神さまが転生しているでしょうか?

また、神様のエネルギーは、とてつもなく大きいものです。
一人の人間の中に収まりきらず、
エネルギーの一部が一人の人間として認知されていることもあるのです。

また、本当に神様の生まれ変わりのかたは、
過去生をあまり公にいたしません。
例えば、現代の経済発展を担った方々には、
過去生が神様だった方もおられますが、生まれ変わりであることを口外しておりません。

「女神として名前は残っているが、神様の領域ではない方のケース」

過去の歴史の中で、権力者が神さまとして祀られることは、現代でも確認可能です。

例えば、徳川家康や豊臣秀吉です。
徳川家康は、東照宮、豊臣秀吉は豊国神社の神様です。

これらと同様、権力に近き女性が神様として祀られている場合があります。
長い時間の中で、神様か権力者なのか区別がつかなくなった存在もあるのです。

これらの方が転生されることは、あります。
そして前世を知ることもあるでしょう。
これらの方は、神様として名が残っているので、
そのネームバリューを今生でも生業に活用しているケースです。

多くの場合、転生しても過去と同じ傾向がでることが多いので、
上昇思考が強く、権力や有名人、ブランド大好きな人は、この可能性もあります。

このケースも数としては多くないと思います。

「憑依され錯覚してしまっている人」

このケースがもっとも多いでしょう。

あの世の闇のものは、この世の者の欲望にとても敏感です。
スピリチュアルを求める方の心の中に、
女神さまの生まれ変わりだったらいいなという気持ちと、
なんとかお金を儲けたいという気持ちが強くなると、
闇から自分たちの活動エネルギーを求め、その人の心に入り込みます。

そして、その人の願いを一瞬叶えるようなことをして信用させ、
その人の欲望を掻き立て、自分たちの活動エネルギーの源としてしまうのです。

この場合は、ご本人も哀れですが、周りの者も不幸にしていきます。
また、これらの場合は簡単な奇跡も起こせるので非常に厄介です。

●自ら女神の生まれ変わりと称するもの。
●あまりにも強い上昇思考・権力志向・ブランド思考がある方
●ちょっとした奇跡まがいのことを起こせる方
●高額物販・サービスを要求する方

これらの条件が、あまりにも顕著である場合は、女神さまの生まれ変わりどころは、
魔の存在に憑依されている危険な場合もありますので、充分な注意が必要です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

ある癒しのフェスタにて

ヒーラーA
「今日はお隣のブースでお世話になります。どうぞ、よろしくお願いします」

ヒーラーB
「こちらこそ、どうぞよろしくお願いします」
「あら、あなたも女神のヒーリングなんですね(笑)」

ヒーラーA
「そうよ、私はビーナスさまの生まれ変わりなの。あなたは?」

ヒーラーB
「あら、偶然。私もビーナスさまの生まれ変わりなの」
「ん、私の前世は、あなたの前世と同じ?」

ヒーラーA
「そんなはずはないわ、私はわたしだもの」

ヒーラーB
「そんな馬鹿な!私が正当な生まれ変わりと霊能者の方に言われたのよ!」

ヒーラーA
「その人は、偽物で、あなたが騙されているのよ!」

ヒーラーB
「なんて、ことを!100万も払っているんだから、間違うわけないじゃない!!」

ヒーラーA
「私は150万よ!間違うはずがないわ!」

会場の責任者
「申し訳ございませんが、AさんもBさんも本日をもち、
 このフェスタの出入りを禁止させていただきます。女神様の生まれ変わりなら、
 このような場所で喧嘩しないでしょう・・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎いらスピにもう騙されなくなる言葉 20
「洗練されたエネルギーを持つ女神様は、頻繁に転生してきません」

八剣真(やつるぎ まこと)

子供の頃から霊的現象が起こり、それは普通のことだと思っていたが、
普通ではないと中学生のときに気づく。
また、【生まれてきた意味】【生きる】ということ、
これらの疑問を幼稚園の頃から追求。
大学では、インド哲学を専攻し、
哲学・宗教・ニューエイジ系の事象を研究し続けてきた。
その傍ら、実際の社会では、自動車販売会社にてトップセールスとなり、
その後、当時、全国で一番若い営業所長となり、
受け持った営業所は、常に全国のトップ3に。
そんな中、スピリチュアルに傾倒し、何が正しいのか、
何が間違っているのかわからない中で、高いお金を払う、
永遠に自分探しをしている多くの人の存在を知ることになった。
自分の能力や経験や知識が、その人たちの役に立つということを、
頼ってくる人々に伝える中で気づく。
約2年で延べ1500名以上の個人セッションや講話会を実践した。
その中で、講話会に参加した人全員に金粉が出るなどの事象が起こる。
また、セッションを受けた人は、仕事量が急激に増える、
人間関係が改善する、結婚が決まるなどの
自己実現が加速する現象が続発することに。
世の中に正しい考え方・生き方を実践できる方が多くなることを願い
株式会社ホリスティックハーモニーを設立。
日々、これからの時代を生きる新しい指針を探求しお伝えしている。

八剣 真ブログはこちら:http://ameblo.jp/makotonoabenoseimei/

コメントを残す

  • サイトマップ
  • メール
ページ上部へ