ホーム

運営会社情報

ヒカルランドパーク合同会社
〒162-0821
東京都新宿区津久戸町 3-11
飯田橋TH1ビル7F
TEL:03-6265-0852




16 お守りになるからと物を売る人|ヒカルランドClub (ヒカルランドクラブ)


16 お守りになるからと物を売る人

「これがお守りになるから買ったほうがいいよ」という言葉もよく聞きます。
それがパワーストーンであっても、神社のお守りであっても同じです。

前項で説明したように魔の存在は、あなたの心の隙間に入り込んでくるのです。
売っている多くのお守りに効力はありません。

「一番のお守りは、あなたの心の正しいありかた」なのです。

あなたの心が「愛と感謝と慈悲」で満たされている時に、
魔は眩しくて入り込むことができないのです。

免罪符がお金で買えないのと同様、物理的なお守りは存在しません。

ただ、神の光=宇宙のエネルギーを操ることが
できる御役目を持つものは、お守りをつくることができます。
これは、場に結界を張ることと同様だからです。

お守りの役割は、その人自身の光よりも強い光を放ち、
魔の存在の目を眩ませ、近寄れなくすることです。

その人の我に根ざす願いを叶うお守りも効力はありません。
我欲を叶えるのは、魔の存在なのです。

●寂しいから恋人が欲しい
●いい大学に入りたい
●いい会社に入りたい

現代にしか通用しないことは、真理ではありません。
真理は時代や地域を越えて通用するものです。

●恋人が欲しいなら、人格や性格を見直すことが肝心です。
●いい大学に受かる為には勉強が必要です。
●いい会社の定義がそもそも不明瞭です。

これらの我欲は叶うものではありません。
これらを叶えるものは「お魔盛」なのです。

本来のお守りは、その人が天命を全うする為に
「魔の邪魔が入らないようにするためのもの」なのです。

これが本来のお守りの意味であり、役割なのです。

お守りは、神さまのエネルギーで光るランタンのようなものなのです。
夜道を照らし、薄暗い場を好むものを近づけないようにするための物なのです。

このランタンを創るには、宇宙のエネルギーを集め、
象徴となるものにエネルギーを凝縮させた状態で入れ込むことができるものだけなのです。

どこかの工場でつくられたものがお守りと書かれただけでは、お守りにならないのです。

一番のお守りは、「愛と慈悲と感謝の心」だというのは、
その心のあり方が光を溢れさせるからなのです。

完全に解脱をし、大悟に至るものは少数です。

ましてや、人は感情に心を揺らされがちです。
揺れている状態の時に、魔に入られる事を防ぐものがお守りなのです。

自らの光が弱まってしまった時に、
神様のエネルギーに守っていただくから「お守り」なのです。

それを知らずにお守りだからと物を売る人の物は買っても買わなくても効果は同じということです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

ここは、あの世の入り口

死者A
「通してくれるはずじゃなかったのか?この免罪符があれば!」

門番
「誰に言われたか知らぬが、免罪符など通用するわけがないだろう」

死者A
「え!!!家一軒分も教会に払って、やっと手に入れた免罪符なのに・・・」

門番
「教会で免罪符を売っていた者達が、あそこにたくさんいるのが見えるだろう?」
「あの者達は、教会で嘘を教えた事による事が悪いことである
 ということをこれから学びに行く場所の者たちだ」

死者A
「免罪符を買ったら、全ての罪が許さると思ったのに・・・」

門番
「お守りも免罪符も、あの世の人間が設けるために考えたもの、
 こちらの世界では、そんなもの一切、存在しない。ましてやお金で買えるものではない。
 お守りとなるのは、正しい心と正しい愛と信じる心のみ」

死者A
「はぁ・・・・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎いらスピにもう騙されなくなる言葉 16
「愛と慈悲と感謝の心が最大のお守りです。
 感情が動く時、神様の光で魔から身を守るものが本当のお守りです。
 そして、そのお守りをつくることができるものは少数なのです」

八剣真(やつるぎ まこと)

子供の頃から霊的現象が起こり、それは普通のことだと思っていたが、
普通ではないと中学生のときに気づく。
また、【生まれてきた意味】【生きる】ということ、
これらの疑問を幼稚園の頃から追求。
大学では、インド哲学を専攻し、
哲学・宗教・ニューエイジ系の事象を研究し続けてきた。
その傍ら、実際の社会では、自動車販売会社にてトップセールスとなり、
その後、当時、全国で一番若い営業所長となり、
受け持った営業所は、常に全国のトップ3に。
そんな中、スピリチュアルに傾倒し、何が正しいのか、
何が間違っているのかわからない中で、高いお金を払う、
永遠に自分探しをしている多くの人の存在を知ることになった。
自分の能力や経験や知識が、その人たちの役に立つということを、
頼ってくる人々に伝える中で気づく。
約2年で延べ1500名以上の個人セッションや講話会を実践した。
その中で、講話会に参加した人全員に金粉が出るなどの事象が起こる。
また、セッションを受けた人は、仕事量が急激に増える、
人間関係が改善する、結婚が決まるなどの
自己実現が加速する現象が続発することに。
世の中に正しい考え方・生き方を実践できる方が多くなることを願い
株式会社ホリスティックハーモニーを設立。
日々、これからの時代を生きる新しい指針を探求しお伝えしている。

八剣 真ブログはこちら:http://ameblo.jp/makotonoabenoseimei/

コメントを残す

  • サイトマップ
  • メール
ページ上部へ