ホーム

運営会社情報

ヒカルランドパーク合同会社
〒162-0821
東京都新宿区津久戸町 3-11
飯田橋TH1ビル7F
TEL:03-6265-0852




7 先祖供養をしないと祟りがある? あなたは先祖供養をするために生まれてきたのではありません|ヒカルランドClub (ヒカルランドクラブ)


7 先祖供養をしないと祟りがある? あなたは先祖供養をするために生まれてきたのではありません

「先祖供養をしないといけません。そうでないと災いがおこります。
今あなたにおきている災いは先祖供養を怠っているからです。」

これらの言葉であなたの不安につけ入るニセ霊能者には、
よくよく気をつけなければなりません。

見えないこと、わからないことをいいことに不安をあおるのは、
昔からある詐欺の常套手段の一つです。

お金を払えば、あなたの罪が消えるのです!
という免罪符同様お金を払っても何も変わりません。

ご先祖様に感謝をすることは、とても大切です。

・命を継いでくれたことに対する感謝
・土地を守ってくれた感謝
・財産をのこしてもらった感謝
・育ててもらった感謝

これらの感謝は生きている人間同士でも当たり前のことです。
10代前のご先祖様は既に生まれ変わっていることもあります。
また10代前のご先祖様とあなたの魂と近しいものかどうかは、もうわかりません。

外国に前世を持つものも多いのです。
極論を言ってしまえば、大昔のご先祖さまとのご縁はそうそう深くないのです。
あの世での魂は、あの世でのお役目があります。

そしてきちっとあの世の仕組みを理解し、
自分のお役目を知っており、澄んでいる御霊は指導霊としてこの世の者を指導します。

それは多くは、その人が生前にて経験した分野で、
その分野に興味を持っている現世の者を指導します。 例えば、絵を書いていた人なら絵を描きたいという人に
インスピレーションを与えたりするのです。

また祖父や祖母など、最近、あの世に旅立ったものは、
まだこの世とあの世の違いに戸惑い、あの世の仕組みを理解するまで、あたふたしている状態です。
けして成仏していないというわけでなく、学びをおこなっているのです。

こちらの世界の会社で例えるなら新入社員のようなものです。
覚えることも多く、理解することで忙しく、
この世の者の面倒を見るほどの余裕もなければ、
この世の者を指導するお役目は与えられていないことが多いのです。

ただ、子や孫がかわいくないわけはありません。
生きている時とその気持ちに変わりはありません。
ましてや、その可愛い子どもやお孫さんに祟ることがありますでしょうか?

また、こちらのことを心配して様子を見ることはあります。
逆のことを言えば、こちらの私たちが正しき道を
生き頑張る姿をみせることこそ一番の安心につながるのです。

あの世の者もこの世の者も、その気持ちには変わりありません。
先祖供養に関しての一番の落とし穴は、触らぬ神に祟りなしの言葉の如く、
ひかりの世界に行けてない者をひきつけてしまうことです。

あなたの浮かばれて欲しいという気持ちが届き、
寝た子をおこしてしまう状態があるということです。

本来は、あちらに行ってから光の世界にいられるのか、そうでないのかは、
その人の生き方の結果なのです。

ただいま現世で経験中のもの、悟ったものでもなく、
ましてやあの世の仕組みもわからないものが、
迷っているものを救うことができましょうか・・・・

基本的にはこの世もあの世も自己責任なのです。

感謝をすることは、大切です。
この気持は忘れてはいけません。

また一緒に、この世の時間を過ごしたものであれば、
なおさら感謝の気持ちを持つことです。

そして、元気に正しく生きている姿を見せていくことです。
親が子を心配するのは自然なことです。

学校で元気に友達と仲良く遊び勉強してくれていたら親は安心です。

それは、この世にいようがあの世にいようが変わりません。
あの世は特別なところではありません。

この世よりも、真理のルールがより明確になり、
思いが相手にそのまま伝わるのが大きな違いの一つなのです。

お釈迦様もキリスト様も先祖供養が一番大切だとは残しておりません。
ゆめゆめ踊らされてはなりません。

あの世の真実のヒントを感じとり、
この世で正しく頑張って生きていくことが、
ご先祖様が一番喜ぶことなのです。

ただ、先祖供養が、あの世を知るきっかけになる人もおります。
それはそれでいいのです。

ご先祖様だけでなく、
あなたが生まれる前からあなたを守っている守護霊様や
生きるヒントを与えてくれる指導霊様、
そして、もっともっと大きな愛と光で
守って下さっている方々への感謝こそ忘れてはなりません。

いま、ここに命があるという奇跡を忘れ、
あたりまえのことだと勘違いし、
感謝しないことこそ罪につながるのです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

昔々、ある所に、とても仲の良いお母さんと男の子がおりました。
ある日、お母さんは、突然、病気で亡くなってしまいました。
男の子は、お母さんが天国にいけるように、
借金をしてお母さんのお墓をつくりました。
毎日、お墓の掃除をして、ご飯をお供えして、
お経も覚えて花と供にあげておりました。

来る日も来る日も、雨の日も風の日の、
男の子はお墓の前で、お母さんの供養になることをしておりました。
それを天国にいるお母さんは見て悲しんでおりました。

「私は、お迎えの方に連れられて、天国にきているのに・・・、
 どうか息子よ、自分の人生を大切にしておくれ」

やがて男の子の元にお墓を建てる時にお金を貸した男たちがやってきました。

「やい、男の子!墓守もいいが、借りたお金は返してもらうぞ!」

男の子は、答えました。

「先祖供養という人生で一番大切なことをやっているのに、
 なんてひどいことを言うのですか?」

借金取りの一人がいいました。

「先祖供養は大切かもしれないが、
 人生の中で最も大切なことなのかい?その為に君は生まれてきたのかい?」

男の子は答えました。

「このまま、一生、お墓のお守と借金返済の為に生きるのは、
 なにか違うと思います。
 まずは手に職をつけて働いてたくさんの人に喜んでもらうようにします。
 そして、そこで頂いたお給料で借金は返します」

天国で見ていたおかあさんは、やっと安心することができました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎いらスピにもう騙されなくなる言葉.7
「あなたは、先祖供養をする為に生まれてきたわけでは、ありません。
 あなた自身の魂を磨く為の命です」

八剣真(やつるぎ まこと)

子供の頃から霊的現象が起こり、それは普通のことだと思っていたが、
普通ではないと中学生のときに気づく。
また、【生まれてきた意味】【生きる】ということ、
これらの疑問を幼稚園の頃から追求。
大学では、インド哲学を専攻し、
哲学・宗教・ニューエイジ系の事象を研究し続けてきた。
その傍ら、実際の社会では、自動車販売会社にてトップセールスとなり、
その後、当時、全国で一番若い営業所長となり、
受け持った営業所は、常に全国のトップ3に。
そんな中、スピリチュアルに傾倒し、何が正しいのか、
何が間違っているのかわからない中で、高いお金を払う、
永遠に自分探しをしている多くの人の存在を知ることになった。
自分の能力や経験や知識が、その人たちの役に立つということを、
頼ってくる人々に伝える中で気づく。
約2年で延べ1500名以上の個人セッションや講話会を実践した。
その中で、講話会に参加した人全員に金粉が出るなどの事象が起こる。
また、セッションを受けた人は、仕事量が急激に増える、
人間関係が改善する、結婚が決まるなどの
自己実現が加速する現象が続発することに。
世の中に正しい考え方・生き方を実践できる方が多くなることを願い
株式会社ホリスティックハーモニーを設立。
日々、これからの時代を生きる新しい指針を探求しお伝えしている。

八剣 真ブログはこちら:http://ameblo.jp/makotonoabenoseimei/

コメントを残す

  • サイトマップ
  • メール
ページ上部へ