ホーム

運営会社情報

ヒカルランドパーク合同会社
〒162-0821
東京都新宿区津久戸町 3-11
飯田橋TH1ビル7F
TEL:03-6265-0852




2~サナトクマラのエール☆地球に生まれたわたしたちの調和のために|ヒカルランドClub (ヒカルランドクラブ)


2~サナトクマラのエール☆地球に生まれたわたしたちの調和のために
地球に生まれたわたしたちの調和のために

2~サナトクマラのエール☆地球に生まれたわたしたちの調和のために

連載1回目を書いた直後、不思議な夢をみました。

Kansas Poetry (Patrick)

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

仕事でお世話になっている方が登場して、
なんだか色々と文句をおっしゃっています。
最初はなだめていたのですが、あまりにひどいので、
「もう結構です。」
と、話を終えていただき、帰り支度を促しました。
しばらく不満そうにしていたのですが、帰る間際には、
急に態度がおだやかになり、後光まで射し始めました。
そしてこう言いました。

「連載はね、もっとサナトクマラ様に聴くといいって言っていますよ。」

「え?」 驚いて聞き返すと

「他の存在の方々もお話するけれど、
 サナトクマラ様にまとめてもらうのが、いいみたいなんですね。」

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

ここで目が覚めました。

目覚めた直後は、夢を見たことをはっきりと覚えていて、
『サナトクマラ様と話さないと。』と、思っていたのですが、
そのまま忘れてしまっていました。

その日の午後のことです。
わたしの本を読んでくださった方に、声をかけていただき、
お話をする機会がありました。(普段、そんなことはめったにありません。)
龍のことなどについて、ひととおりお話をしたあと、
その方は、最後に、
「本の中に、サナトクマラについても書いてありましたよね」
と、おっしゃいました。

その瞬間、今朝の夢が蘇ってきたのです。
同時に、著書にサナトクマラの名を書いたときのことも思い出していました。

著書「流 光次元リーディング」の最後には、サナトクマラの名が出てきます。
この名前を本の中で出しておいたのは、
これから、サナトクマラからのメッセージをうける事が増えてくるだろう
と思ってのことでした。
本を書いていた時期にも、実際に、
サナトクマラからのメッセージは増えてきていました
しかし、今まで、そんなことはすっかり忘れていたのです。
『サナトクマラ繋がりでご縁が有る方との縁を繋ぐためにも書いておこう。』
そう感じて、本に書いておいたのですが、その事すら忘れていました。

http://www.hikaruland.co.jp/books/2012/01/08224119.html

わたしは、その日の夜、早速、サナトクマラ様に波長を合わせてみました。
いつものように、金色に輝く光を放っているのを感じたときに、
その日見せられた金色の光のことを思い出しました。
『すべてが繋がっていく』そんな気がしました。

「今日見せてくれた金色の光、あれはなんですか?」
「わたしの光だ。知っているだろう、前に姿をみせた」
(サナトクマラがはじめて姿をみせてくれたときのことは、
わたしの個人ブログに詳しく書いていますので、
興味の有る方は、そちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/roy-10yo/entry-10785118473.html

「あの光は、わたしが自由に使う事ができますか?」
「もちろん。そのために、見せた。」

「あの光を贈ると何に効果があるんですか?」
「勇気とか、背中を押すとか、、、」
他にもあるようですが、今は、それを知るタイミングではないようです。

by:Scintt

「では、連載に際して、メッセージを伝えてください。」>
「まず、そなた自身にいう、おそれるな。
 わたしのエネルギーを感じて誇り高く、護られる。」

「はい。」

「読者には、このように。
この地上の生きとし生けるもの、そして、地底の生きとし生けるものすべて、
この地球は今、調和を必要としている。調和の過程にある。
己の心の葛藤もすべて、その調和の過程が生み出すもの。
あなたがたの想い。葛藤。気持ち。
ネガティブな気持ちもすべて、今ここで浄化のときを迎えている。
まるで活火山のように、そのたまったエネルギーを吹き出して、
そして沈静化に向かう。
そんなとき、あらゆる話が出て来よう。
色々な所で色々なものが色々な事をいう。
その中であなたがたがこれと思うものを拾えばよい。
それ以外のものは俯瞰(ふかん)で見て、その中から選択するとよい。
渦中に入るのではなく、その中から選択するのがよい。」

「それは、人によっては難しくないですか?
 特に、今、渦中にいるような人には。」

「そのために呼吸がある。ヨガがある。瞑想がある。
 それをそなたが伝えるのであろう。」

「あぁ、なるほど。」
「すべて、自らコントロールすることができることを知るときがきている。
 外に求めるのではなく、内に求めるとはそういうこと。
 内に求めるために必要な助けは得れば良い。
 ただしすべてそなたのハートが選択する。神話とは真話、真実の話。

「そこには何か意味はありますか?今いった神話の話ですけれど。」
「神話のように聴きながら、そこに真実を見いだすだろう。
 どの神話を聴くのか、それはそれぞれの選択。
 まるで過保護な親のように、これを見ろ、あれを聴けとはいわない。
 それを選択するための方法、見極める為の方法は、そなたが提供するだろう。
 これから語っていけば良い。

龍神が伝えたように、感応力、それがこれからのキーワードである。
 あなたがたの感応力を磨き、その感応力をもって、時代を歩むがいい。」

そのようなメッセージが一度に流れ込んできたあと、
あるビジョンを見せられました。
それは、ときどき見せられる、虹のはしごのエネルギーでした。
普段は、空に橋を架けるように弧を描く虹ですが、
虹のはしごは、天空から地球に向かって、
カラフルなはしごが架かっているように見えます。

またメッセージが流れ込んできました。
『この光の中から必要な光をピックアップしてお話していく。
それが、この地球で調和を持って生きる為に必要な感応力を育むためのもの。』

“虹色の光の存在たちの御伽噺(おとぎばなし)” そんな言葉が浮かんできた。

どうやら、虹色の光の中でも特にわたしたちに必要な光の代表例が、
リラの王女のピンク、
宇宙狐のブルー、
猿田彦神の黄色
ということのようです。

そしてそれは、サナトクマラの放つ、金色のエネルギー
白金龍神(プラチナドラゴン)の放つ、白金のエネルギーによって
調和されいくようです。

この御伽噺(おとぎばなし)にご興味がある方は、
わたしと一緒に、彼らの話に耳を傾けてみませんか?

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ご縁に感謝いたします。

さぁ、次回も光次元宇宙の扉を開きましょう!

愛と光と感謝をこめて〜☆〜

光次元宇宙メッセージ:

☆地球は今、調和を必要としている。調和の過程にある。
 己の心の葛藤もすべて、その調和の過程が生み出すもの。
 あなたがたの想い。葛藤。気持ち。
 ネガティブな気持ちもすべて、今ここで浄化のときを迎えている。
☆感応力、それがこれからのキーワードである。
 あなたがたの感応力を磨き、その感応力をもって、時代を歩むがいい。
byサナトクマラ

キーワード: サナトクマラ,  流 光次元リーディング, 繋ぐ, 金色の光,  調和,  地球上に見合う形で調和, 浄化, 俯瞰, 選択, 呼吸, ヨガ, 瞑想, 外に求めるのではなく、内に求める,  神話とは真話、真実の話, 感応力,  感応力を磨く,  虹のはしご, 光,  虹色, 御伽噺(おとぎばなし), リラ, 宇宙狐, 猿田彦神, 白金龍神(プラチナドラゴン), 白金

龍依~Roy

日本女子大学卒業後、子ども向け番組制作会社に勤務。
その後、オーストラリアに語学留学。
留学中に9.11テロがおき、「神との対話」(サンマーク出版刊)と出合う。
帰国後、心理カウンセリングを学ぶ。
2006年3月、ウェブコンテンツ・デザインなどの制作会社(有限会社STUDIO FUMI)を設立。
同年12月、アミプロジェクトを主宰。(「アミ 小さな宇宙人」(徳間書店刊)のアニメ映画化を目指し、アミのメッセージを広めて、愛の星地球を創造していくプロジェクト)
各種イベントへの出演・出展などの活動をしていく中で、スピリチュアル体験(龍神や光の存在たちとの出会い、前世体験など)を重ね、龍神の導きにより「流 光次元リーディング」(ヒカルランド刊)を出版する。

現在、ヒプノセラピー(催眠療法)による「前世療法」「なりたい自分になるGIFT」のセッションや、感応力を育み、心と身体を健やかに保つためのヨガクラスなども行っている。
一人一人が持つ無限の可能性、想像力や目に見えない世界、ハートに宿る光を感じて贈り合うことの大切さを多くの方が気づき輝くことを願い、各活動をしている。

資格など: ・上智大学カウンセリング研究所カウンセリング研修講座基礎コース修了
・米国催眠療法士協会認定ヒプノセラピスト
・米国ヨガアライアンスRYT200認定ヨガインストラクター
 (RYT500 Candidate)
 トラウマアプローチヨガ 指導者トレーニング修了
 メディテーション・インテンシブコース修了
 リストラティブヨガ 指導者トレーニング修了
・かながわコミュニティカレッジ
 子どもスポーツコーディネーター養成講座修了
・一般社団法人日本トップリーグ連携機構認定ボールで
 あそぼうマイスター
・全日本キッズヨガ連盟わくわくヨガ
 キッズヨガ指導者トレーニング修了

有限会社STUDIO FUMI 代表取締役
アミプロジェクト 代表

著書:超直感力の目覚め 流 光次元リーディング(ヒカルランド刊)

ヒプノセラピー ウェブサイト http://www.hypnostudio.net/
ブログ Roy〜宇宙在住 http://ameblo.jp/roy-10yo/
STUDIO FUMI ウェブサイト http://www.studiofumi.jp/
アミプロジェクト ウェブサイト http://www.amiproject.net/

 

この記事をお読みの方へオススメの関連商品


関連商品一覧

コメントを残す

  • サイトマップ
  • メール
ページ上部へ