ホーム

運営会社情報

ヒカルランドパーク合同会社
〒162-0821
東京都新宿区津久戸町 3-11
飯田橋TH1ビル7F
TEL:03-6265-0852




元メガバンク管理職が悟りをひらいた!~僕がここに存在している理由~ 第5回|ヒカルランドClub (ヒカルランドクラブ)


元メガバンク管理職が悟りをひらいた!~僕がここに存在している理由~ 第5回

2014年3月11日。

この日、多大な被害をもたらした東日本大震災からちょうど3年目を迎えました。

復興庁によると、2013年12月12日時点の避難者等の数は27万4088人となっており、避難生活が長期化しているのが現状です。

 

震災被害が特に大きかった宮城県気仙沼市に生まれ育った僕自身も、

エンゼルハウス in Nagoya 主催の「光の瞑想会」を開催し、

多くの犠牲となられた尊い命の鎮魂と一日も早い福幸の願いを込めて、

参加して下さった皆様と共に祈りを捧げさせていただきました。

 

29年間のメガバンクでのサラリーマン人生から一転して、

むしろスピリチュアルの世界に懐疑的だった僕が今、

何故スピリチュアルに関わる仕事をさせていただいているのか?

という多くのご質問にお答えさせていただくことが初出版の大きなきっかけとなったことは、

前掲のウェブ連載記事の第1回にも述べさせていただきました。

 

「僕が今、何故ここに存在するのか?」

という思いを皆さまにお伝えしたいと言うきっかけだけでは、本を出版させていただく機会を得るのは、本来とても難しいことだと思います。

何故なら、自分自身の思いを本という形で出版されたいと思っている方は世の中に大勢いらっしゃいますが、

出版社の方に取り上げてもらうことすら至難の業だと多くの方から、僕自身が聞かされていたからです。

 

そこで第5話では、スピリチュアルの世界にも出版にも全く無縁であった僕が、

ヒカルランド社様から本を出版させていただくことになった経緯(誕生秘話)をお話しさせていただこうと思います。

 

僕自身つくづく、「天の采配」というのは、実に絶妙なタイミングで起こるべくして起こることを実感しています。

その思いが自分自身のエゴから発せられるものではない限り、このような奇跡は誰にでも起こるということです。

 2013年2月に、現在フリーランスで大変ご活躍されていらっしゃる編集者の方(本の中にお名前が掲載されます)から、一通のメールをいただきました。

その内容は、

「(前略)・・・・畠山さんのwebを鈴木さんつながりで拝見しました。現在のお仕事と以前のお仕事のギャップがユニークで、著者候補としての興味が湧きました。・・・(後略)」

というものでした。

※  鈴木さんというのは、「根源の自己に出会う」ワークを全国で展開されていらっしゃるスピリチュアル作家の鈴木啓介さんのことで、現在も名古屋でのワークを開催される時にお手伝いをさせていただいております。

 

その有り難いメールをいただいた翌月の3月に、その編集者の方と名古屋でお会いさせていただき、本を出版する流れへと導かれて行ったのです。

 

作家活動に全くド素人の僕に、この編集者の方は

「どのような内容を執筆するのか」

という話から始まって、

執筆活動にドン詰まりの時にいただいた温かいメッセージに何度も励まされ、

初稿を書き終えたのが8月でした。

執筆を始めてから実に4ヶ月掛かったことになります。

そこから、編集者様の編集・校正作業が始まり現在の状況まで漕ぎ付けることが出来たのです。

また更に出版について、ヒカルランド社様が引き受けて下さるというお話をいただいた時には驚愕するとともに、

有り難いご縁をいただいたことに感謝の気持ちしかありませんでした。

 

出版に関しては、拙著の中にも登場しています、透視画家の氷室奈美さんから2012年の11月に、

「畠山さんは、近いうちに本を出版することになり、それをきっかけに全国での講演会活動で忙しくなりますよ」

という透視メッセージをいただいていたのです。

 

これをスピリチュアル的に言うと「シンクロニシティ」とか「引き寄せの法則」と呼ばれるものを、

僕は正に目の当たりに体験させていただいたのだと思っています。

僕自身、この「宇宙の法則」は誰にでも起こる特別なことではないということを、

お一人でも多くの方へお伝えしたいと言う思いをずっと持ち続けていました。

どのような形で現実化されるのか、その方法はすべて天に委ねていたのです。

それが今回、出版という形でこの現実世界に具現化することが出来たのは、

すべて見事なまでの「天の采配」です。

 

 

世の中では、「手放すこと」そして「委ねること」ことについて、

多くの方が様々な教えを説いています。

29年間のサラリーマン時代の経験などを踏まえ、

スピリチュアルな世界には全く縁がなかった、僕自身が体験した

「手放す」そして「委ねる」ということは具体的にどのようなことなのか、

職場や家族における人間関係や恋愛に関すること、

そして経済的な観点など幅広い分野から、出来るだけ解り易く解説させていただきました。

 

この「シンクロニシティ」や「引き寄せの法則」などの奇跡を誰もが体験するために、

僕たちはこの美しい星、地球を自ら選んで生まれて来たのですから・・・。

 

そして更に、「悟りを得る」ということも、

年齢や経歴、学歴や性別などに関係なく、誰にでも成し得ると言うことを、

決して忘れないでいてください。

コメントを残す

  • サイトマップ
  • メール
ページ上部へ